開港5都市「長崎」とは

 1571(元亀2)年にポルトガル人の来航により開港、鎖国時代の200余年を通して、わが国唯一の貿易港として繁栄した。そのため令和3(2021)年に開港450周年(開港記念日:4月27日)を迎える。
 居留地は、丘陵地の造成や、海岸の埋めたてにより8地区に分散して整備され、海岸に近い方から上等地、中等地、下等地に分けられていた。上等地には貿易のための商邸や倉庫が、中等地にはホテル、銀行、病院、娯楽施設が並び、眺望のよい山手の下等地には洋風の住宅・領事館が建てられていた。
 現在でも、東山手・南山手地区を中心に洋館、石畳、石段、側溝、樹木など、居留地時代のたたずまいを留めており、こうした歴史や景観を市民自らが紹介し案内するまち歩き観光「長崎さるく」等、まちづくり活動が活発になっている。

開催会

関連リンク

開港5都市景観まちづくり会議 2016 長崎大会

長崎の最新情報

第22回開港5都市景観まちづくり会議 長崎大会は、2016年(平成28年)11月4日〜6日に「継承と発展〜次の世代の景観
READ ON